口腔外科|歯科保存の専門医が在籍する歯医者|新大久保礒田歯科医院

診療予約

  • TEL03-3208-6473
  • 診療時間 10:00-19:00 (月~金)10:00~17:00(土)
    休診日 木曜・日曜・祝日
    ※祝日がある週の木曜は診療いたします。

口腔外科

  • TOP > 
  • 口腔外科

親知らずの抜歯や口内炎の治療dental surgery

お口の中のトラブルは、虫歯や歯周病以外にもさまざまなトラブルがあります。親知らずの痛み、口内炎、お口や歯のケガ……「こういったトラブルはどこで治療したらいいの?」とお悩みの方は、口腔外科へご相談ください。

こちらでは新大久保駅近くの歯医者「新大久保礒田歯科医院」の口腔外科メニューについてご説明します。お口や顎など、歯のまわりのトラブルでお困りの方は、当院までご相談ください。

口腔外科とは

口腔外科とは

口腔外科とは、お口の中や顎、舌、頬など、お口まわりのさまざまな部分に表れるトラブルを治療する診療科です。皆さんにとってもっともなじみ深い治療は、親知らずの抜歯かもしれません。スポーツや事故によるお口のケガ、歯が折れたときの救急対応も口腔外科で扱います。

外科という名前がついていますが、口内炎などお口まわりの粘膜のトラブルも口腔外科で扱います。お口まわりのトラブルにより、うまく咬めなくなったり、会話がスムーズにいかなかったりすることもあるので、口腔外科で適切な治療を受けるようにしましょう。

口腔外科治療

親知らずの抜歯

親知らずとは、一般的には10代後半から20代前半に生えてくる一番奥の歯です。すべての方が4本とも生えてくるわけではありません。きれいにまっすぐ生えてくることは少なく、斜めに生えてきたり、歯ぐきの中で埋まったままになっていたりすることがよくあります。

斜めや横向きに生えている親知らずは、すぐ前に生えている奥歯を押して、痛みや腫れの原因になることも。また、斜めに生えているためにブラッシングが行き届かず、すき間に虫歯ができるリスクが高いのです。

親知らずに強い痛みや腫れがある場合は、早急な抜歯が必要になります。また、とくに痛みを感じていなくても、正常に生えていない親知らずは虫歯や歯周病にかかるリスクが高く、放置しておくことはあまりおすすめできません。

痛みによって歯科医院へ駆け込む前に、あらかじめ親知らずの処置を考えておくとよいでしょう。親知らずがどのように生えているのか、抜かないリスクはどれくらいかなど、しっかり検査した上で、治療のご提案を行います。

自家歯牙移植(じかしがいしょく)

虫歯や歯周病、不慮の事故などで歯を失ってしまった場合、そのままにしておくと「うまく咬めない」「スムーズにしゃべれない」など、さまざまな不具合が生じます。通常の場合は、抜けた歯の部分をインプラントや入れ歯によって補います。

歯の抜けた部分に不要な歯を植えることで、歯の機能を回復する治療が「移植」です。自分の歯で行わないと拒絶反応を起こすため、「自家歯牙移植」といいます。多くの場合、自家歯牙移植では親知らずを使います。

再植

再植とは、不慮の事故やケガなどによって抜けてしまった歯を元の場所に植え戻すことです。治療が難しいような歯を一度わざと抜いてから再植することもあります。

歯を再植するには、抜けた歯の歯根膜(しこんまく)という部分が残っていることが必要です。抜けてしまった歯を洗ったり拭いたりすると歯根膜がなくなってしまい、再植がうまくいきません。抜けた歯はお口の中に再び入れて、急いで歯科医院へお越しください。

歯のケガ

「かたいものがぶつかった」「顔から倒れた」など、不慮の事故によって歯が折れたり欠けたりすることがあります。お子さんの場合はとくに、心配で慌ててしまうでしょう。

そんなときは親御さんやご自身で判断しないで、まずは当院までご連絡ください。どのように対処すべきかなど、適切なアドバイスを行います。お子さんがケガをした場合もご連絡の上、早急にお越しください。

なお、口元に強い衝撃を受けた場合、外から見て何も変化がないこともあり、数日たってから強い痛みが生じることも。後遺症が残ることもあるので自己診断は禁物です。気になることがあれば、すぐに当院までご相談ください。