治療に関する取り組み|歯科保存の専門医が在籍する歯医者|新大久保礒田歯科医院

診療予約

  • TEL03-3208-6473
  • 診療時間 10:00-19:00 (月~金)10:00~17:00(土)
    休診日 木曜・日曜・祝日
    ※祝日がある週の木曜は診療いたします。

治療に関する取り組み

  • TOP > 
  • 治療に関する取り組み

患者さんのためのできるだけ
痛くない・削らない・抜かない治療treatment

歯医者さんに行くのが好き――。そんな方は、大人でもあまりいらっしゃらないかもしれません。それはきっと、過去の歯科治療に痛い、怖いといった思い出があるからではないでしょうか。しかし、虫歯や歯周病などお口の中のトラブルは、そのまま放置しても自然治癒するものではありません。異変を感じたら少しでも早く治療を受けていただきたいのです。

新大久保駅近くの歯医者「新大久保礒田歯科医院」では、できるだけ痛みを感じない「無痛治療」を心がけています。お子さんからご年配の方まで安心して歯科治療を受けていただけるように、さまざまな工夫をしています。こちらでは、当院の無痛治療やできるだけ削らない・抜かない治療についてお伝えします。

できるだけ痛みの少ない治療~無痛治療~

できるだけ痛みの少ない治療~無痛治療~

歯医者さんの施術が痛くないなんて……そんな治療が本当にあるのでしょうか。それは、「どんなときに」「何をすると」痛みを感じるのかがわかれば、意外と簡単なことです。従来の歯科治療で最初に遭遇する痛みといえば麻酔注射。治療時の痛みを軽減するための麻酔が痛いなんて本末転倒ですよね。

当院では、この麻酔注射をする前の処置を工夫することで、できるだけ痛みを感じない治療を実現しています。

痛みを感じやすい理由

痛みを感じやすい理由

歯科治療は、何をされるのかわからない、今どんな状態なのかわからない……という不安な気持ちから、どうしても緊張される方が多いようです。その結果、いつもより神経が高ぶり痛みにも敏感になってしまうのです。当院では、患者さんの表情を常に観察し、お声かけしています。些細なことでも、遠慮なくスタッフにお声かけください。

無痛治療のさまざまな工夫
[工夫1]表面麻酔薬の塗布

注射針が刺さるときのチクッとした痛みを軽減するために、麻酔部位にあらかじめジェル状の表面麻酔薬を塗布します。

[工夫2]極細注射針を使用

注射時の痛みは、針が細いほど感じにくくなります。当院では、歯科用ではもっとも細い33Gもご用意しています。

[工夫3]一定の速度で注入

お口の中には痛みを感じやすい場所と、そうでない場所があります。できるだけ痛覚の弱いところから麻酔をかけていきます。また、麻酔液を一定の速度と圧力で注入する電動注射器を使い、痛みを感じにくくします。

できるだけ削らない・抜かない治療~MI治療~

できるだけ削らない・抜かない治療~MI治療~

虫歯や歯周病の治療を受けて治ったとしても、一度削ってしまった歯、抜けてしまった歯は、元には戻りません。治療を行った歯は再び病気になりやすい傾向にあります。抜けてしまった歯の部分をそのままにすれば口腔内のバランスが崩れ、健康を損ないます。

現在、すぐれた補綴物(詰め物・被せ物)はたくさんありますが、やはりご自身の歯にかなうものはないのです。当院では、できるだけ患者さんの歯を削らない・抜かない治療をご提案しています。

MI治療(ミニマル・インターベンション)

MI治療(ミニマル・インターベンション)

MI治療は歯を削る量を必要最低限に抑え、できるだけ天然歯を残すための治療法です。たとえば虫歯を削る際、肉眼ではどうしても広範囲かつ多くなりがちでしたが、マイクロスコープ(拡大鏡)などを駆使することでピンポイントで治療ができるようになりました。

MI治療のメリット
天然歯(ご自身の歯)をできるだけ長く残すことができます
治療回数が少なくて済みます
歯の根や神経に達してしまう前に治療が可能なので、ダメージが少ないです
歯を削る量が少ないので、初期段階なら小さな詰め物で済みます